ブログ

2014年12月29日

国産材を活用する

木の住まい。できることなら、杉やヒノキなど「国産材」を使って建てたいものです。

構造材について
最近はプレカット(柱や梁の仕口や継ぎ手加工を工場で行うこと)が普及し、産地(製材所)→プレカット工場→工務店というように、かなりシンプルな流通形態となっています。またほとんどが輸入材といっても過言ではなかった木材市場の状況が、石油価格の高騰や、環境問題への配慮によって、以前よりも国産材を利用する機会が増えてきているように感じています。
建主の考え方、コスト、建物形態など。いろいろな状況を加味した上で、国産材をどこまで採用するのか、樹種はどうするのか、、など、適宜考えるようにしています。

内装材について
以前はその質感や色味が好きで、米松の床板をよく利用していましたが、最近は、なるべく国産の床板(壁、天井板)を使うように心がけています。

国産材のFL.jpg

上の写真は最近よく利用する国産無垢床材。見た目の違いだけでなく、それぞれに長所短所があるので、その都度使い分けるようにしています

左上:サワラ材(埼玉産)
左下:杉材(埼玉産、静岡産)
左から2つ目:カラマツ材(長野産)
右から2つ目:アカマツ材・板目/節有(岩手産)
右:栗材(岐阜産)

床板には最近よくカラマツを使います。杉よりも固いので、椅子を使う住まいには適しています。赤みがやや強いのも特徴です。白系が好みの場合は、節が特徴的なアカマツもなかなか良いです。杉はコストメリットがあると同時に、最も流通量が多い材になります。源平(赤、白のまざった材)が嫌いでなければぜひ利用したい材です。栗材はこの中で唯一の広葉樹です。最も耐久性があり固く、床暖房などにも適した落ち着きのある床材です。
どの材の場合も年数がたつと赤みが増して、暖かい印象になるので、それもまた楽しみのひとつかもしれません。

カラマツ床・壁・天井.jpg
床板と、壁・天井(野地)板にカラマツを利用した住宅。

サワラ材の浴室.jpg
水に強いサワラ材を浴室に利用した事例。

杉やヒノキを構造材に利用し、また適材適所で仕上げ材にも利用できれば、かなりの木材を利用する事になり、二酸化炭素の封じ込めにも貢献できます。ただあまりたくさん取り入れすぎると、暗く、重く感じる場合もあるので注意が必要。バランスよく白い壁と木の壁(天井)を取り入れたいものです。

コストだけを追求すれば、結局中国産などの製品にたちうちできません。ただ国内にこれほどまでの森林資源がありながら、わざわざ外国から石油をたくさん使って木材を運んでくることに、どうも違和感を感じています。
自分たちの環境をまもるためにも、ぜひ国産材の活用を意識してくれる人が増えてくれればと思っています。

◇日経の雑誌「ecomomu」と、WEB版で掲載された記事
   「国産材の家」に住む魅力
posted by roku at 22:56| Comment(0) | 木造住宅と自然素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ページの先頭へ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。