ブログ

2015年01月12日

暖房を見直す−2「ペレットストーブ」

電気に頼る生活が問題化している昨今、採用が増えてきている暖房に「ペレットストーブ」というものがあります。これは完全に乾燥した「木質ペレット」を燃料とするストーブのことで、輻射熱タイプの「薪ストーブ」とは違って、電気でペレットを自動供給し、ファンをまわして暖気を吹き出すスタイルの暖房器具になります。熱は木質ペレットが燃料となり、ファンをまわすだけなので消費電力が小さくてすむのも特徴です。
薪を確保する屋外スペースが不要であったり、ペレットが完全燃焼するため、煙や臭いも少なく、煙突が不要となり、FF式で吸排気を行うことから室内空気が汚れないというような点でも、都市住宅に適した扱いやすい暖房器具と言えます。また薪ストーブが本体が熱くなって「輻射」で暖めるのに対し、ペレットストーブは主にファンを使って「対流」で暖めるところにも違いがあります。表面が熱くならないので、安全性は高く扱いやすいとも言えます。
また「木質ペレット」とは、間伐材や製材の端材などを乾燥・粉砕・圧縮した小粒状の固形燃料のことで、価格が安いだけでなく、国産材の有効利用という点や、CO2排出量がプラスマイナスゼロという考え方など、環境面からも、今後より注目されるべき「木質バイオマス燃料」ではないかと思います。

ペレット和泉01.jpg

ペレットはこのように背面のタンクに入れます。(ドックフードみたい??)
信州の唐松と赤松を原料とした全木タイプのペレットです(上伊那森林組合のピュア1号)

ペレット和泉02.jpg

勢い良く燃えだすと、こんな感じ。かなり良いですねえ。。
これは「Enviro・エンプレス」というカナダ製のペレットストーブ。
(和泉L型・二世帯の家)

ペレットつつじヶ丘.jpg

こちらは「Enviro・mini」(つつじヶ丘の家)

−−−−−−−−−−
さて、実は私の自宅では「船長のストーブ・K5 space」という無電力のペレットストーブを使っています。これは煙突を設置した自然排気となっていて、ペレットの供給は「重力」を使う、とてもユニークなストーブなんです。実は薪も使えるようになっているので、災害があったような時にでも、ペレットは勿論、薪になるような木材さえあれば、暖房器具として活用できるので、ひじょうに安心感があります。
ただ暖まるまで少し時間がかかったり(薪ストーブと同じですね)、時々は様子を見る必要があるので、一般的なペレットストーブに比べると、少し面倒見の良い人でないと、、という感じです。ただ電気を使わずに暖をとり、お湯を沸かし、ぼーっつ火を見ているだけで、とても幸せな気持ちになるのは私だけではないと思います。街中での火のある暮らし、なかなか良いですよ。

無電力ストーブ.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ページの先頭へ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。